トップページニュースリリース
ニュースリリース

新商品情報ほか、最新ニュースをお届け致します。

平成24年3月14日
株式会社 創健社

プリンスエドワード島の菜の花油 新発売

株式会社創健社(本社:横浜市、社長:中村靖)は、「プリンスエドワード島の菜の花油」を3月14日発売いたしました。

「プリンスエドワード島の菜の花油」は、カナダ東海岸にあるプリンスエドワード島の契約農家の方々が丹精込めて栽培した遺伝子組み換えをしていな菜種のみを使用しています。同島は「赤毛のアン」が執筆された20世紀初頭から現地でも一番美しい島と言われてきました。現在、同島はその恵まれた自然を維持し、活かしながらオーガニックアイランド化による島おこしを進めています。特に90年代以降、それまでの努力が実り、オーガニック認証を取得する有機生産者が増え、実績を上げています。この菜種もその生産者の方々の思いが込められ、今後の有機認証を目指して大切に栽培されているものです。収穫された菜種種子は日本に運ばれ、化学溶剤を使わず、昔ながらの圧搾製法、一番しぼりで丁寧に搾油しました。精製も化学薬品を使用せず、かけ湯洗いと水蒸気で不純物を取り除く昔ながらの手間を惜しまない方法を行なっております。
素材の風味を活かすため、焙煎をしておりませんので、まろやかでコクのある風味をお楽しみいただけます。
また、焙煎をしていない透明感のある黄金色の色調は、お料理の仕上がりの色味をより引き立てます。揚げ物・炒め物にはもちろん、生のままサラダドレッシングやマリネなどにも幅広くお使いいただけます。

商品名 プリンスエドワード島の菜の花油
内容量 500g
入数 12
希望小売価格 683円(税込み)(本体 650円)
商品形態 PETボトル
賞味期間 製造日より1年
JANコード 4901735021383
発売日 2011年3月14日
特長 ・カナダのプリンスエドワード島産の遺伝子組換えをしていない菜種を、化学溶剤を使わず昔ながらの圧搾製法で丁寧に搾った一番しぼり油です。
・プリンスエドワード島は豊かな自然に恵まれ、「世界で一番美しい島」として知られています。また、小説「赤毛のアン」の舞台としても知られ、世界中からファンが訪れています。
・「コレステロールゼロ」ですので、コレステロールが気になる方・美容に気を使う方にもおすすめです。
・体内の悪玉コレステロールを下げると言われるオレイン酸、必須脂肪酸であるリノール酸、身体の中でEPA・DHAに変換される等、現代の食生活に必須のn-3系脂肪酸であるα−リノレン酸が他の油と比べバランスよく含まれています。
・素材の風味を活かすため、焙煎をしておりませんので、まろやかでコクのある風味をお楽しみいただけます。
・焙煎をせず透明感のある色調ですので、お料理の彩りをより引き立てます。
・揚げ物・炒め物をはじめ、生のままサラダドレッシングやマリネなどにもお好みに応じて幅広くお使いいただけます。
  ・本品加工地:愛知県

以上の件に関するお問い合わせは
Tel. 045-491-1465
Fax. 045-491-1468
広報課 岸野将澄 
E-mail: kishino@sokensha.co.jp


トップページニュースリリース