トップページ商品情報スプレッドシリーズ > 生チョコレートペースト

チョコレート原材料について *

パッケージ裏面

違いを見分けるポイント:
「原材料名」の表示は、原材料に占める重量の割合の多いものから順に記載します。

*
砂糖(ビート糖) 砂糖大根(てんさい)から作られたお砂糖。
カカオマス カカオマスとは、カカオ豆を焙煎し、粗く砕き種皮や胚芽を取り除いた可食部分(=カカオニブ)を磨砕機で細かくすりつぶしたペースト状のものです。茶褐色の固形分と油脂分であるココアバター(=カカオバター)を含みます。
還元水飴 タピオカ澱粉100%を原料としています。
生クリーム 生乳100%を原料としています。
生チョコレートの食感をつくり出すために欠かせない要素です。製品中10%配合。
結晶パラチノース 砂糖に酵素を作用させて作られた低甘味素材。砂糖(ショ糖)の約1/2で、すっきりとした甘さが特長です。パラチノースにより、製品自体に甘ったるくないすっきりとした甘さという特長を加えました。

    【特長】

  • 甘味の質:甘味は、砂糖に非常によく似ていますが、まろやかでスッキリしています。
  • 甘味度:砂糖(ショ糖)の約1/2です。
  • 非う蝕原性:パラチノースは、虫歯の原因とならず、また、虫歯を予防する作用があります。
  • 消化・吸収:ゆっくり消化吸収され、血糖値が上昇しにくい。また、小腸でほとんど全て分解・吸収されますので、他の甘味料に見られる下痢を誘発しません。
  • カロリー:ショ糖と同様に消化吸収されることから、お砂糖(ショ糖)と同じ4kcal/gです。
    (*低甘味素材ですが、低エネルギー素材ではありません。)
全粉乳 生乳100%を原料としています。全粉乳とは、牛乳を濃縮、乾燥して粉末としたものです。
植物油脂 パーム油を使用しています。
ココアバター チョコレートの原料となるカカオ豆に含まれる油脂分のことをいいます。(=カカオバター)
洋酒 ブランデー使用。風味付けと保存性向上のために使用しています。製品中1.5%配合。
大豆レチシン 遺伝子組み換えされていない大豆を原料としています。レシチンは乳化力が強いため、乳化剤として使用しています。
香料 バニラから抽出した天然の香り成分です。